花王と山形県が地域課題解決で協定

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

健康づくりは重要な地域課題

地域で暮らす人々の幸福度を考える上で、個々が健康であるかどうかは重要なポイントになる。

健康でない割合が増えれば、その個人だけでなく、周囲にも肉体的・精神的・経済的な負担がかかることになる。

山形県は、「健康長寿日本一の実現」に向けて動き出した。

花王と山形県が地域課題解決で協定

脳血管疾患による死亡率が全国ワースト3位の山形県。

そんな山形県が、花王、日本肥満症予防協会と連携協定を結び、健康長寿日本一の実現を目指すことを発表した。

生活習慣病の原因とされる肥満症の中でも内臓脂肪型肥満に着目。県民が内臓脂肪を測定できる機会をつくるほか、肥満症予防を訴えるセミナーなどを通じて、県民が健康増進に向けて動くきっかけづくりに取り組む。

□出典:日本経済新聞

地域と外部の大手企業や団体とが連携し、地域課題を解決する流れが広がっている。

CSRと地域課題の解決

企業は、様々な形でCSR活動を行なっているが、今回のように固有の地域課題を解決するためのアクションは、これからますます増えていくだろう。

地方創生において重要なことは、地域の課題と徹底的に向き合うことだ。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。