日本における “セーラー服発祥の地” 。福岡 VS 京都 名乗りを挙げたのはどっち!?

MACHI LOG編集部


ローカルメディア

女子の学生服として定着しているセーラー服。その歴史をさかのぼると初めて日本の学校に登場したのは1920年頃 (大正9年)とされています。

日本初のセーラー服発祥の地として知られるのは福岡県と京都府。発祥の地として名乗りを挙げたのは!?

日本で初めて洋裁の制服を採用した京都の「平安女学院」

当時、大変な人気を博したとされる日本初の洋裁の制服を採用したのが京都府にある「平安女学院」。

開校当時は着物に袴だったものの、1903年には袴を統一。袴をとめるバックルには校章が入っていたそうです。大正に入った1920年には日本初となる洋裁制服が誕生。

これが日本で初めてのセーラー服と言われています。
参照元:平安女学院 制服の歴史

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

MACHI LOG編集部

「地方のリアル」を使命に、PR不足の地域の課題を解決します。 情報発信のみならず、地域の仕事づくりを目的にした講演やワークショップ、地域をもっと良くしたい人達が集まるイベントの開催も定期的に行っております。