• HOME
  • MACHI LOG
  • 長崎県
  • 歴史に残る日本初のチョコレートは外国人から日本人女性に送られたプレゼント!?

歴史に残る日本初のチョコレートは外国人から日本人女性に送られたプレゼント!?

2月14日はバレンタインデー。有名デパートでも板チョコ5枚しか売れなかった!? 歴史に残る日本初のチョコレートって!?

日本におけるバレンタインの歴史を見てみました。

バレンタインの始まり。有名デパートで売れたのは板チョコ5枚!?

日本・チョコレート・ココア協会によると、現在のように女性がバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が始まったのは昭和30年代 (1950年代) に入ってから。

昭和33年当時、新宿・伊勢丹の売り場でメリーチョコレート会社が打ち出した「バレンタインセール」で売れたのは3日間で30円の板チョコ5枚と4円のカード5枚だけだったそうです。

昭和30年代後半にはバレンタインデーを前面に打ち出すお菓子会社も増え、ハート型チョコレートの発売が始まるなど日本のバレンタインデーは活発化していったようです。
出典:日本チョコレート・ココア協会 日本のバレンタインの歴史

続きを読む
1 / 2
PR for こゆ財団(宮崎県)
地方×求人:地域の未来を創る起業家10名・10事業を募集!
世界一チャレンジしやすいまち
宮崎に移住して、
地方の課題を解決する。
10のプロジェクトで、
10人の起業家を募集中!

関連記事一覧