秋田の酢の物は「みかん」入り

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

日本のなます、酢の物。

野菜を細かく切り、酢をベースに味を整える、日本の酢の物。お正月に食べた方も多いのではないでしょうか?

色々な酢の物がありますが、秋田の酢の物は少し変わっています。

秋田の酢の物は「みかん」入り

秋田県外の人に驚かれることが多いのですが、秋田の酢の物には「みかん」が入っています。

しかも、生のみかんよりは、圧倒的に「缶詰のみかん」が使用されます。

結果的に、酢の物がかなり甘くなります。

酢の物に入れる他の具材は?

「缶詰のみかん」以外にも、秋田県で多い具材は、「きゅうり」と「わかめ」です。

みかん・きゅうり・わかめが入ったものが、酢の物です。

「なます」については、全国的に認識される「なます」とほぼ同じだと思います。ただ、私の実家の「なます」は、とにかく甘かったです。

甘いのが大好きな秋田のばあちゃん

郷土料理は、おばあちゃんからお母さんへ、お母さんから孫へ受け継がれていきます。

個人的には、小さい頃、甘い酢の物は苦手でした。ただ、大人になってみると、美味しいとか美味しくないとは別に、「おばあちゃんの味」に懐かしさを感じるようになりました。

レシピ:缶詰みかん入り酢の物

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。