• HOME
  • 移住
  • 東京都
  • インバウンド・訪日外国人観光客を地方に呼び込む方法とは?地方創生インバウンド会議開催

インバウンド・訪日外国人観光客を地方に呼び込む方法とは?地方創生インバウンド会議開催

現地でいかに消費していただくかが課題

川野さんが紹介するのは、実際に宮崎県でのインバウンド観光客へのサービスです。

いかに、宮崎で、現地で消費していただくかが課題です。旅行客がくるだけにとどまらず、いかに消費していただくかを考えて施策を行っています

その中のひとつが、宿泊補助を市で実施し、市内で使えるクーポンも発行。

実際に消費につながっているといいます。

地球規模で考えることから見えてくる

後半のパネルディスカッションでは、インバウンド観光を考える上で大切な視点が語られました。

それは、「地球規模で考える」ということです。

地域名を英語で打ち出したときに、どれだけの人がやってくるのか。何を目的にやってくるのか。競争しないといけないのはどこなのか。

それらを狭く考えるのではなくて、世界と比べてどうかを考えて、強みや魅力を発信していくことが、外国人観光客を呼び込むことにつながるはずです

と強調されました。

2020年の東京オリンピックに向けて各地の取り組みに期待

2020年の東京オリンピックをひとつの区切りとして、伸び続けることが予想されている訪日外国人観光客。

各地域の取り組みは既に始まっているといえます。

インバウンドに繋がるだけでなく、地域の魅力を発掘・発信するという視点でも、今回の勉強会で語られた視点は非常に大事だと考えられます。

80人以上が参加し、注目度の高さも伺わせるインバウンド観光への取り組み。

各地域の取り組み方が注目されています。

関連記事一覧