地域のブランド価値を高める、外への情報発信で大切なこと

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

埋もれる、ローカルの情報

「故郷の魅力を伝えて、観光客の誘致や特産品の販売に繋げたい。」「自分が住んでいた地域のために、何かしたい。」

そのような想いを抱く人が増え、地方から外への情報発信に関心が高まる一方で、あまりにも情報が膨大にあるために、その多くが埋もれてしまっています。

大切な地域の魅力を伝える上で、どんなことが重要になるのでしょうか?

地域のブランド価値を高める

外への情報発信によって、実際に現地を訪れたり、特産品を購入してくれたりする人を増やすことにより、最終的には「地域のファンをつくれるのかどうか」が鍵となります。

そのためには、「発信者の地域に対する想い・地域で本気で行動している人の想い」を伝えることが重要です。

>> 外への情報発信で大切な2つのこと

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!