インバウンド×秋田の農家民宿、人と人が繋がる観光モデル

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

成長する、インバウンド

2016年の訪日観光客数は、1月から10月の累計が前年比23.3%となり、初めて2000万人を突破しました。

地方でも、インバウンドを誘客しようと様々な取り組みが行われています。

インバウンド×秋田の農家民宿

日本一深い湖である田沢湖や武家屋敷が残る角館など、自然と歴史の魅力で溢れる秋田県仙北市。

そこは、秋田県で「農家民宿」が最も多い場所です。

ペンションを含め市内に33軒ある農家民宿の宿泊者は例年1万人前後。このうち、2016年は初めて外国人が1000人を超えた。

□出典:河北新報オンラインニュース

農家民宿を活用し、日本の伝統的な暮らしを体験する外国人が増えているのです。

台湾の高校の教育旅行誘致を強化

そのきっかけは、仙北市が特に力を入れている台湾の高校の教育旅行誘致。

外務省の青少年交流事業の受け入れから、最近では台湾やカンボジアなど、アジア各国の高校生・大学生を中心に200人前後が毎年訪れています。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。