ただの庭園ではない! 日本三名園のひとつ「偕楽園」に込められた徳川斉昭の想い “一張一弛” って!?

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

茨城県にある偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園と並び「日本三名園」と称される庭園。

現代にも受け継がれる偕楽園を設立した徳川斉昭の “一張一弛” って!?

領民と共に楽しむための庭園「偕楽園」

偕楽園が設立されたのは天保13年 (1842年) のこと。

最後の将軍・徳川慶喜の父である水戸藩第9代藩主・徳川斉昭によって造られました。園の名前となった “偕楽”は、中国の古典「孟子」の一節からつけられており、これには「多くの人と楽しむ」という意味があるそうです。

偕楽園には、領内の民とともに楽しむ場にしたいという徳川斉昭の願いが込められています。
参照元:偕楽園オフィシャルサイト 歴史とあらまし

藩校「弘道館」と偕楽園が立て続けにつくられた理由

偕楽園が設立された前年、水戸藩の藩校である「弘道館」が仮開館しています。

この2つの施設が立て続けにつくられた理由は、弘道館は学問を修行する場、そして偕楽園は学問の余暇の場として2つが対をなす施設であることが挙げられるそうです。

領民と共に楽しむだけの庭園ではなく、そこには学問との結びつきがありました。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!