2017年で開港150年を迎える神戸港。神戸港から生まれた “日本初” って?

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

日本のほぼ中央に位置する神戸港は1868年に開港され、2017年で150年目を迎えます。日本の歴史に重要な役割を果たしてきた神戸港から生まれた “日本初” を見てみました。
SIA Yasu / Shutterstock.com

初めてのバナナは神戸港から

台湾から神戸港に到着した7カゴの台湾バナナ。これが日本が初めて輸入されたバナナで1903年に初めて日本へと入ってきました。

今でも神戸港は日本一のバナナ輸入港で、各国からのバナナが日本の食卓へと届けられているそうです。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!