江戸時代ご飯の下に贅沢品を隠す知恵から生まれた「うずみ」-広島県-

1度は廃れてしまった郷土料理「うずみ」

福山市では、昭和40年代以降あまり見られなくなってしまったという「うずみ」ですが1990年から学校給食でも郷土料理のひとつとして生徒に提供され、その取り組みは現在も続いています。

さらにはこの郷土料理を使ったまちおこしの一環としてご飯だけではなく、スイーツでつくった「うずみ」などのメニューも考案され、福山市では各所でうずみ料理を味わうことができます。
参照元:ふくやま観光・魅力サイト 食 うずみ, 福山食ブランド創出市民会議「うずみ」って?

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧