• HOME
  • MACHI LOG
  • 東京都
  • 歴史から見る「日本人の働き方」。ひとつの職場で一生働く考え方はいつ生まれた?

歴史から見る「日本人の働き方」。ひとつの職場で一生働く考え方はいつ生まれた?

shutterstock_369867305

フリーランスに副業、様々な働き方がある現代の日本ですが、少し前には1つの勤め先に長く勤めることが美徳とされる時代もありました。日本人ならではの働き方のきっかけをつくった制度って? つくったのは誰!?

切腹に次ぐ重刑。江戸時代にあった「奉公構」

江戸時代にあった制度のひとつ「奉公構」。

これは、奉公先から逃げ出した家臣や奉公先を首になった家臣に対して言い渡されるもので、浪人となった家臣を他の家が雇えないよう、書状で知らされていました。

奉公構を言い渡された武士は他の主に仕えることができず、勤め先、さらには家禄もなくなってしまう。武士にとって切腹に次ぐ重刑であったといわれています。

続きを読む
1 / 2
PR for こゆ財団
移住×新規事業メンバー募集!
2017年の『月刊ソトコト10月号」の表紙・特集にも掲載された宮崎県の地域商社で、アグリテック・農業を軸とした「10の新規事業」の統括ディレクター/コアメンバーを東京から募集中!

関連記事一覧