神社のおみくじは手作業で折られている!? 全国約70%のおみくじは山口県発!

始まりは資金源確保のため。自動頒布機も考案した「女子道社」

shutterstock_529621453

おみくじを生産している「女子道社」が設立されたのは明治時代。

女性のための全国組織「大日本敬神婦人会」が現・二所山田神社の冬至の宮司によって設立され、その機関紙「女子道」が明治39年 (1906年) に発刊されました。

その資金源を確保するためにと始まったのがおみくじの製造。自動頒布機を考案したのも女子道社で、日本おおみくじの歴史には欠かせない存在となっています。
参照元:周南観光ポータルサイト しゅうなん探訪 知っ得! 周南再発見, 周南市ホームページ 二所山田神社, 「神社と神さま」がよくわかる本: 境内の見どころ・参拝マナーからご利益までを完全ガイド 島崎晋 PHP研究所

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧