おせちにしめ縄に鏡餅! 正月準備までできてしまう「ふるさと納税」

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_507216790

お正月にかかせないおせち料理。自宅でつくるのではなく、店頭やインターネットで申し込む人も多くなってきた昨今。趣向を凝らした返礼品戦争が激化する中、おせちに始まる正月準備の品を出している市町村についてまとめてみました。

ふるさと納税限定のおせちも。91の自治体がおせち料理

現在ふるさと納税特設サイト「ふるさとチョイス」におせち料理を返礼品として出している自治体は91。

その数は188にものぼります。海の幸や山の幸など、各地域の特産品を使った料理や地域のお店が趣向を凝らしつくったおせちが特徴的で、中には販売開始から数日で売り切れになる人気の品も。

ふるさと納税限定品として出しているおせちもあります。

12月15日〜20日頃まで受付されている自治体も多く、今からでも間に合うかも!?

ふるさとチョイス おせち

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!