ハワイの正装 “アロハシャツ” を生み出した日本人の「もったいない精神」と染織工芸

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_293102972

ハワイでは式典や冠婚葬祭でも着られるアロハシャツ。このアロハシャツ誕生のルーツには、日本から移住した日本の人たちの存在があったようです。

アロハシャツは農作業着から生まれた

アロハシャツの起源となった服装は、農園などで働く労働者が来ていた作業着「パラカ」といわれています。このパラカは木綿地でつくられた開襟シャツで、その柄は青いチェック柄。

日本人に馴染みの深い「絣 (かすり)」に似ていたことから多くの日本人移住者もこのシャツを愛用していたそうです。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!