千利休があぐらをかいた姿で描かれている驚きの理由とは!?

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

sen_no_rikyu_jpn

安土桃山時代の茶人、千利休は「茶聖」と讃えられる利休流茶道の祖。

織田信長、豊臣秀吉の茶頭として仕えたことに加え、当時の煌びやかな茶道とは対をなす「侘び」を取り入れた「侘び茶」を大成したことでも知られている人物です。一度は目にしたことのある彼の有名な肖像画はあぐらをかいています。そこに隠された驚きの理由とは!?
画像:千利休像 (長谷川等伯画/春屋宗園賛)

「立て膝」や「あぐら」が正しい座り方だった!?

正座についての調査や研究を行っている正座協会によると、日本での正座の歴史はまだ浅く100年ほど。

それ以前の正しい座り方は「立て膝」や「あぐら」であり、千利休があぐらをかいた姿で描かれているのはごく自然なことだと推測されるのだそう。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!