二十四節気の「立夏」八十八夜に新茶を摘むということ

オカダタクヤ


地域コーディネーター

DSC_0387 (1)

5月6日、旧暦3月18日は二十四節気の「立夏」。
暦の上では夏の始まりです。

GWは日本全国で20℃を超え、25℃を超える夏日もあったほど。

そして、4日前の5月2日は立春(2月8日)から数えて八十八日目にあたる八十八夜でもあります。
縁起がいい八十八ということもありますが、八十八夜は春から夏に移る節目の日、夏への準備をする決まりの日とされてきました。

今年も八十八夜に合わせて、お茶摘みを行いました。

DSC_0375 DSC_0369

毎年この時期に合わせて、茶摘みを行っています。
場所は横浜市青葉区に残された里山にある耕作放棄地。
農薬も肥料も使っていない、まさに自然栽培のお茶です。

昨年の茶摘みのブログはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

地域の魅力を「つなぐ・つたえる」。全国を旅しながらローカルメディア運営、クラウドファンディング、講座セミナー等の事務局長を行ってます。執筆・お仕事のお問い合わせは、help@machi-log.net までご連絡ください。