真田幸村が生涯で最も長い時を過ごした和歌山県の九度山

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_375518413

11月22日は和歌山県の「ふるさと誕生日」。和歌山県内でいま1番勢いがある!? 施設についてまとめてみました。

11月22日は和歌山県の誕生日

明治4年11月22日に「和歌山」「田辺」「新宮」の3つの県がひとつになって誕生した和歌山県。

平成元年に「ふるさと誕生日条例」が制定され、この日は和歌山県の “ふるさと誕生日” となりました。
出典:和歌山県ホームページ 和歌山県ふるさと誕生日条例

和歌山県の県のシンボルである県章は頭文字「ワ」をデザインしたもの。これは県民の「和」の象徴でもあるそうです。
出典:和歌山県ホームページ 和歌山県のシンボル

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!