いまの都道府県名から分かる!? 明治維新で幕府側についた藩とそうでない藩

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_405972640

日本の歴史で必ず出てくる「廃藩置県」。明治政府が江戸幕府以来あった「藩」を廃止し、新たに府県を置いたことを指した言葉です。廃藩置県の意外な歴史についてまとめてみました。

最初は3府302県あった日本

廃藩置県が行われたのは1871年 (明治4年) 。

その2年前には藩が有していた土地や人民の支配権を朝廷に返す「版籍奉還」が行われていますが、さらに中央集権体制を強化するため、江戸幕府以来続いた藩の体制を廃止し、府県を置く「廃藩置県」が行われました。

藩から府県へと変わった日本の地方。1871年の最初は3府302県からスタートし、同年さらに統合が進められて最終的に3府72県となりました。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!