日本初の木造アパート「上野倶楽部」ってどんな家!? 持ち家率が高い都道府県、低い都道府県

shutterstock_277863971

日本で初めてできた木造アパートは東京・上野に出来たと言われています。日本初のアパートについて調べてみました。

日本初の木造アパート「上野倶楽部」

明治初期の借家はまだまだ江戸時代の名残を残した長屋がほとんど。

次第に2階建ての長屋も出現し、長崎や横浜などかつて外国人の居留地であった地には外国人向けの洋風建築の借家も建てられるようになりました。

そんな中、日本初の木造アパートとして誕生したのは上野に建てられた「上野倶楽部」。

日本で最初に建てられた木造アパートは1910年 (明治43年)に上野に建てられ、11月6日に建てられたことからこの日は「アパートの日」と呼ばれているそうです。

続きを読む
1 / 2

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧