昔と比べて読書の時間は減っている!? 本が身近にある都道府県はここ!

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_236883058

人口10万人あたりの書店数を調べたデータから、日本の読書事情をまとめてみました。
画像:robert paul van beets / Shutterstock.com

図書貸出数も連続日本一の福井県

日本一書店数が多い都道府県となった福井県は、全国で図書貸出数4年連続日本一にも輝く県。

県民すべてが年間1冊は本を借りている計算になり、これは全国で唯一福井県のみ!

図書貸し出し数4年連続日本一に輝く福井県。後に続くのはどの都道府県!?

減っていく書店と増える図書館

日本にある書店の数は2007年の14,603件から10年で9,677件と3割以上も減っています。

しかしながら図書館の件数は2006年の2492館から3167館とここ10年で7.6%増加しています。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!