コーヒーが好きな県民は!? 喫茶店の数が多い都道府県は東京VS大阪どっち

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_337500677

10月1日は「コーヒーの日」。日本人が1週間に消費するコーヒー量は平均で11杯ほどという結果があるそうです。今回はコーヒーと喫茶店ついてまとめてみました。

日本人のコーヒー消費量は多い? 少ない!?

全日本コーヒー協会がまとめた統計 (2014年度) によると、日本人が1年間で消費したコーヒー豆の量は1人あたり約3.5キロ。

他国と比較してみると、EU全体では約5キロ、アメリカでは約4.5キロ、コーヒー豆の輸出国・ブラジルでは約6キロという結果に。日本人と同じくお茶好きなイギリスは約2.7キロ※という結果になっていました。
※2013年度

日本国内でのコーヒー豆消費量は、1996年から約10年の間にで10万トンの増加。1人あたりの消費量も年々増えていることから日本人のコーヒー好きは進行しているようです。
出典:全日本コーヒー協会 統計資料 世界国別消費量

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!