オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

20160912-dsc_0355

宮崎県日向市を代表する特産品のひとつが、香酸柑橘類の一種である「へべす」です。

健康効果に優れた果物ですが、担い手不足により消滅の危機を迎えています。

現在「へべす」を未来に繋げるクラウドファンディングを実施していることに合わせて、「へべす」産業の担い手の方々を広く伝えるために、インタビューを行いました。

3人目は、へべすの未来を担う若手生産者、黒木洋人さんです。

農家の10代目「へべす」を広める

黒木さんの家業は、10代続いている伝統的な農家です。

現在では、ミニトマトなどをメインに生産していますが、最初期のへべす農家のひとつとも言われています。

おいしいものを自分たちで作る

最先端の農業も学んだ後、

おいしいものを自分たちで作れるんだ

という思いで日向市にUターンし、実家を継ぎました。

最先端の設備もない中で魅力的に映ったものは、豊かな自然環境と、へべすというユニークな特産品の存在でした。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!