限界集落でコンビニ始めました/ 渡川の3つの魅力 – 宮崎

渡川の3つの魅力

—自由な観点から、渡川の3つの魅力を教えてください。

1. 渡川に住む人

DSC_0681

100パーセント、顔と名前を知っています。

みんなで集まって何かするということではないが、ここぞというときの一体感・団結力がすごいと思います。

地元の祭りは、それを感じるひとつです。

みんなで盛り上げようという気持ちで、誰かのための祭りではなくて、自分たちに向けて、地元の人に向けてやっているお祭りになっていると思います。

2. 文化

20160826-dsc_0287

渡川神社の祭りは年に一回行われているのをはじめ、小さな祭りから、大きな祭りまであります。

自分たちで神楽を舞っていたり、渡川oneで店を出したり、子どもから大人まで自分たちで作っていっているお祭りです。

時間をかけて、地区全体で場所を作り上げているというのが良いと思います。

3. 趣味と仕事が一体

20160826-dsc_0377

設計事務所時代は、夜遅くまで仕事をスタイルだったのですが、渡川に帰って、17時くらいに仕事から帰るような生活です。

大人になって改めて魚釣りを始めました。

17時に仕事が終わって、17時30分には釣りをして、一匹、二匹釣って、6時には焼いて食べている。

今まで考えられないような生活を送れています。

都会なんかだと、趣味と仕事は切り離されるところが多いんですけど、渡川では一体になって体験できるように思います。

想像していたよりも、ここでの生活は豊か

—渡川の未来をどうしていきたいと考えていらっしゃいますか?

園田:声を大きく盛り上げて行きたいとは思っていません。

渡川を盛り上げたいと思って帰ってきたのですが、実際生活してみると、そんなに悲観的にならなくても良いのではないかと思っています。

お金では買えないものが多くて、ここで暮らす人たちは豊かな生活を送っているんだと思います。

拡大ではなく、続けていく

渡川のコミュニティをどう維持していくか、そのために、外からどんな刺激をもたらすかが大事だと思います。

こんにちやのように、ちょっと生活を豊かにするようなものを大事に活動し、維持していけるようにしたいと思います。

関連記事

地域ビジネス創出へ!350人の地区を未来へつなぐキックオフ会議

関連記事一覧