オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

仕事を作っている若者が増えている

20160906-dsc_0091

月刊ソトコト編集長の指出一正さんの講演では、全国各地の事例をもとに、今「地方で働く」に何が起こっているのか、何が求められているのかが深掘りされていきます。

実はいま、仕事を作っている若者が増えています。

行政などが仕事を用意しているところもありますが、今は起業するには良いタイミングだと思います。

「地方で起業」言うと、どうしても難しいイメージが湧いてきますが、指出さんはそんなことはないと言います。

失敗するようなことはないんじゃないかっていうくらいに、困らないと思います。

仕事が多すぎて困るというのが、地方ではないでしょうか。

アイデア次第でどうにでもなるんです。

アイデアを出すことを訓練した方が良い時代ともいえます

ローカルベンチャーの活躍

20160906-dsc_0129

岡山県西粟倉から提唱されているローカルベンチャーという言葉があります。

地域に根ざしたビジネスを仕掛ける会社などを指す言葉です。

日本各地で、その活躍は目立ってきています。

地方から、大企業のような大きな魚に対抗するには、小さな魚で大きいシルエットを作るしかありません。

既存の産業を違う視点で見る人が増えて、色々な産業を作っていくことが面白いと思われる時代になっていると思います

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!