あなたのまちの介護保険料は高い?安い!? 全国の介護保険料が分かるサイト

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_283195178

朝日新聞が公開している「わがまちの介護保険料」。全国の市町村における介護保険料や高齢化率などがまとめられており、今月いっぱい会員登録無しで閲覧できます。

介護保険料が日本で1番安いまち、高いまち

「わがまちの介護保険料」によると、介護保険料が全国で1番安いのは鹿児島県の三島村で2,800円。

1番高いとされる奈良県天川村の保険料と比較すると約6,000円の開きがあります。

高齢者率が日本で1番低いまち、高いまち

高齢化率を見てみると、全国で1番高齢化率が低いのは東京都小笠原村。

高齢化率は2015年10月1日時点で推計されたものです。

一方、1番高齢化率が高いとされているのが群馬県南牧村で60.9%。全国で2番目に高い長野県天龍村に約2%の差をつけています。

こちらのデータは8月いっぱいまで会員登録無しで利用が可能です。

朝日新聞「わがまちの介護保険料」

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!