使い道は “平和の思いを共有”。 広島市のふるさと納税

shutterstock_110715653

所縁のない自治体にも手軽に寄付を行えることから返礼品などをもとに年々趣向が凝らされている「ふるさと納税」。広島市の「平和の思いを共有する」ふるさと納税についてまとめてみました。

広島市の「ふるさと納税」

shutterstock_329566478

広島市では、ふるさと納税として集まった寄付の一部を「平和を願うヒロシマ」としての活動に使うことを掲げています。

寄付金の使い道は、「平和首長会議加盟都市の青少年同士の交流支援として被爆者の体験や平和への思いを学ぶイベントへの参加支援」「被曝建物や被曝樹木を保存・継承するための費用」「被曝資料を未来へ残すための資料の修復や写真・映像のデジタル化」などが例として挙げられています。

続きを読む
1 / 2
PR for こゆ財団(宮崎県)
地方×求人:地域の未来を創る起業家10名・10事業を募集!
世界一チャレンジしやすいまち
宮崎に移住して、
地方の課題を解決する。
10のプロジェクトで、
10人の起業家を募集中!

関連記事一覧