観光地にビール酒造場!?ビール党なら見逃せない鳥取の名産とは

shutterstock_391005625

世界中で愛されているビール。

その消費量は年々増え続けています。

日本の食卓ではすっかりおなじみの顔です。

世界ではアジア、ヨーロッパで多く生産されているビールですが、日本におけるビールの名産地として有名なのは、北海道や神奈川。

現在、大手メーカーのビールだけでなく、日本各地で地ビールと呼ばれるその土地の特色を生かしたビールが開発生産されています。

鳥取県はビール好き?

中でも人口10万人あたりのビール酒造場数が日本一となる鳥取は、今ビール好きの注目が集まっています。

そんな鳥取のビールの魅力について探りました。

地方の代表!鳥取におけるビールの秘密とは

飲み会で「まずはビール」と、定番のお酒であるビール。

大手メーカーのビールは値段も手頃ですが、ビール好きの間で注目を集めているのは各地で酒造、生産販売されている地ビールではないでしょうか。

日本全国にあるビール酒造場数は2013年の調査では259軒。人口10万人あたりの酒造場数では、鳥取県が日本一となっています。

酒造りに適した気候

地方ローカルブランドとして観光地と共に注目を集めるようになった鳥取のビールですが、実は鳥取はお酒の名産地としても有名。

酒造りに適した気候と風土を生かし、地元では新しいお酒造りに常にチャレンジしてきました。

豊かな自然と水を生かしたビールはどのようにして生まれたのか。その歴史を振り返ります。

ビールの名産地鳥取はお酒の名産地だった?>>

続きを読む
1 / 2

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧