• HOME
  • 移住
  • 鹿児島県
  • まるで早口言葉!? 日本の珍地名「志布志市志布志町志布志」。地名の由来が素敵

まるで早口言葉!? 日本の珍地名「志布志市志布志町志布志」。地名の由来が素敵

shutterstock_252457630

鹿児島県志布志 (しぶし) 市は鹿児島県東部に位置し、宮崎県に隣接する市。

まるで早口言葉みたいな「志布志市志布志町志布志」

志布志市には、「志布志市志布志町志布志」という地名があり、志布志支所の住所は「鹿児島県志布志市志布志町志布志2丁目1番1号」。

 “しぶし” という名前から “し” がたくさん出てきてまるで早口言葉のよう。

志布志の名前の由来って!?

繋げてしまうと珍地名になってします志布志ですが、この地名をつけられたのは万葉集の歌や中大兄皇子の名でも知られる天智天皇。

由来となったエピソードをざっくりとまとめると…

志布志の地に仮の皇居を建てられた天地天皇が心寂しくされていたところ、その気持ちを察した地元の女性と召使の女性が布を献上。

天皇はそれを「上下の身分にあるもの、ともに志が厚い」と喜んでこの地を「志布志」と呼ぶようになったそうです。

 “身分が上の人も下の人も関係なく、暖かい人々がいる地” というような意味でしょうか!?

志布志市志布志町帖には、「志布志発祥の地」として看板も建てられています。
参照元:志布志市観光特産品協会 観光スポット 志布志地名発祥の地

関連記事一覧