みんな大好き唐揚げの歴史。元祖は愛媛? 東京!?

shutterstock_270908384
日本のおかずとしての定番である唐揚げ。日本での唐揚げの歴史をまとめてみました。

昔の「唐揚げ」は唐揚げにあらず

shutterstock_339003401

唐揚げは、江戸時代初期に中国から伝来されたとも言われており、この時の唐揚げは小さく切った豆腐を油で揚げ、それを醤油と酒で煮たものと紹介されていたようです。

今の唐揚げと同じように野菜や魚などを揚げた料理の方法は「煎出 (いりだし)」や「衣かけ」と呼ばれていました。

漢字で書くと「千斬切」!? 日本の唐揚げの原点

shutterstock_287447156Joymsk140 / Shutterstock.com

愛媛県今治市周辺で古くから郷土料理として食されている「せんざんき」と呼ばれる唐揚げ。

こちらの伝来も中国からとされ、これは日本の唐揚げの原点だとも言われています。

「せんざんき」その名前の由来は!?

この郷土料理がどのようにして愛媛県今治市に根付いたのか、またその名前の由来ははっきりとしていないようです。

名前の由来には、「鶏をを丸ごと斬って小さく切るため “千斬切” (せんざんき)と呼ぶようになった」「中国語の発音がなまって “せんざんき” という言葉になった」「藩政時代に千さんという人が考案した」などがあります。

営業不振を打開!? 東京で初めて登場した「唐揚げ」メニュー

shutterstock_310738043

現代にある唐揚げが外食のメニューに登場したのは昭和7年ごろで、現在の三笠会館の前身である食堂で提供されました。

「若鶏の唐揚げ」というメニューで出される唐揚げは、営業不振を打開する為に考えだされたメニューだったそうです。
参照元:日本唐揚協会 唐揚げの歴史, いよ歓ネット せんざんき, 今治郷土料理普及協議会 郷土料理レキピ集

PR for こゆ財団
移住×新規事業メンバー募集!
2017年の『月刊ソトコト10月号」の表紙・特集にも掲載された宮崎県の地域商社で、アグリテック・農業を軸とした「10の新規事業」の統括ディレクター/コアメンバーを東京から募集中!

関連記事一覧