• HOME
  • 移住
  • 沖縄県
  • アイスクリームにお金をかけるのは!? 1位と最下位は意外なあの都市

アイスクリームにお金をかけるのは!? 1位と最下位は意外なあの都市

shutterstock_199535126 (2)

夏場には必ず食べるという人も多いアイスクリーム。総務省統計局が発表するデータから「アイスクリームの支出が多い都市」を見てみました。

かつての名前は「あいすくりん」日本誕生は明治2年

日本で最初のアイスクリームの製造・販売が行われたのは明治2年。

横浜馬車日通りで、牛乳、卵、砂糖を使った作ったアイスクリームが日本で初めて「あいすくりん」という名で製造・販売されたのだそうです。

明治8年には、東京・麹町の開新堂や風邪月堂などもアイスクリームを販売し、明治35年には東京・銀座の資生堂薬局 (現・資生堂パーラー) でもアイスクリームの販売が始まりました。
参照元:日本アイスクリーム協会 日本のアイスクリームの歴史

アイスクリームとお寿司にお金をかける金沢市

品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキングによると、2013年から2015年までの平均で※1世帯あたりのアイスクリーム・シャーベットの支出額が1番多いのは金沢市。

次いで川崎市、富山市、鹿児島市、宇都宮市が続いています。

金沢市は外食で「お寿司」にかける費用が最も多い市でもあります。その額は全国平均の14,547円を軽く超えて23,248円! 2位の岐阜市に3,000円の差をつけて堂々1位です。
※2人以上の世帯

1位になりそうなのに最下位!  那覇市

統計で最下位をマークしたのは那覇市。南国沖縄ではアイスクリームへの支出額が大きそうなイメージですが、1位の金沢市との差はなんと4,000円!

那覇市に次いで支出額が少ないのは神戸市、北九州市、宮崎市、岐阜市という結果になっています。
出典:総務省統計局 家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(平成25年(2013年)~27年(2015年)平均)

関連記事一覧