「生きている」返礼品に賛否両論!? ふるさと納税でもらえるビックリ返礼品

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_367325228

ふるさと納税の返礼品は、各都道府県で千差万別。

高級なお肉やお酒、お米などの食品から、オーダーメイドの家具、お買物券、果ては旅行まで、実に様々なものがそろっています。

そんな中、静岡県焼津市が返礼品に加えた驚きの品物に、賛否両論の声があがったことをご存知でしょうか。今回は話題となったその返礼品にスポットをあて、詳しくご紹介いたします。

話題になった「生きた返礼品」静岡県焼津市

shutterstock_393581233

静岡県焼津市が返礼品としてリストに加えて話題をさらったのが「オオグソクムシ」

1万円以上の寄附金で、駿河湾の取れたてオオグソクムシを2匹もらえるという内容でした。このオオグソクムシは深海生物の一種で、甲殻類。体長は大きいもので15cmほど。ダンゴムシを巨大にした見た目で、焼津市の深海漁船によって水揚げされています。

もらってどうすればいいの?

このオオグソクムシは、「飼っても食べてもいい」とされていますが、焼津市側は飼育を推奨しているらしく、「飼育環境が整った状態で申し込んで欲しい」と公式に発言しています。

食べる場合は、焼いても蒸しても揚げても食べられるようで、濃い味のエビやカニのような味覚だそうです。

ただビジュアルはダンゴムシそのものなので、初見では抵抗がありそうですが…。

なお、同市でオオグソクムシを粉末状にして煎餅に練りこんだ、「オオグソクムシせんべい」なるものが販売されており、こちらも非常に美味だと好評です。

ネット上では賛否両論の声

飼育しても食べても良い生きた品物、オオグソクムシは珍しい返礼品だと話題になりました。

ネット上で「意外な可愛さがある」「飼育する水槽とかがあるなら欲しい!」という声も多くみられましたが、一方で「生き物をお礼の品にするのはいかがなものか」「無益な殺生をする返礼品に意味はあるのか?」と、反対意見も目立ちます。

アイデアそのものは斬新で話題にもなりましたが、どうしても受け付けられない人も少なくないようですね。

クワガタにメダカ! 他にもある「生き物の返礼品」

shutterstock_212052922

なお、オオグソクムシ以外に、生き物を返礼品のリストに加えている市町村は他にもあります。

例えば、奈良県大和郡山市の「金魚と飼育セット」。水槽と金魚がセットになった返礼品で、オオグソクムシのように食用にはできませんが、鑑賞として飼うことができます。

他にもメダカや昆虫などが返礼品として存在しており、香川県東かがわ市ではノコギリクワガタや国産オオクワガタなど、種類も豊富です。

参照元:ふるさとチョイス 生き物の返礼品

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!