ホームレス大学生と地方移住者に聞く、幸福な生き方−秋田

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

DSC_0190写真(左から):主催者 高橋慶彦、講師 保井俊之教授、女性起業家 和賀郷さん、秋田大学生 澤口駿亮さん、講師 齋藤潤一さん

日本の地方にある、幸福な生き方。

「東北に1万人の雇用創出」を使命として掲げ、【経営者・右腕人財・支援者のコミュニティ】をつくるプロジェクト「TOHOKU 2020(代表:高橋慶彦)」主催にて、2016年6月12日に秋田県秋田市でイベントを開催しました。

テーマは、「お金と秋田・東北の未来」。

慶應義塾大学大学院 SDM で特別招聘教授を務められている保井 俊之さま、同大学院にて非常勤講師を務められている齋藤 潤一さまをお迎えした特別講演の後、秋田へ移住された女性起業家の和賀 郷さん、秋田大学生の澤口 駿亮さんにもご登壇いただき、パネルディスカッションを行いました。

「2つのおカネ」の最適バランスが幸福感を生む

main

保井教授はご講演の中で、「2つのおカネ」について伝えてくれました。

「ゼニー(Zenny)=もうけ極大化のおカネ」と「エミー(Emmy)=ありがとう極大化のおカネ」とがバランスする場を創り、「想い」を「行動」に変え、みなをつないでいき、しあわせを創り出していくという未来が出現するでしょう。

□講演レポート:
2045年問題、地方から考える人工知能とお金の未来

今後、「ゼニー(Zenny)」と「エミー(Emmy)」の2つのおカネとどう向き合い、自分の中でどのようにバランスを取っていくかが、幸福になる鍵だと言います。

ご講演の後、秋田で暮らす方々を交え、パネルディスカッションを行いました。

特定の家を持たず、「エミー(Emmy)」だけで生活を続けるホームレス大学生(休学中)の澤口さん。地方に移住され、起業家として「ゼニー(Zenny)」と「エミー(Emmy)」のバランスを取りながら、地域を盛り上げる和賀さん。

地方で幸福に暮らすヒントを2人の実体験から考えてみます。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。