MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

12247029_453357204872051_1490475310766758042_nライター:佐藤翔平
過疎地域から、全国に飛び出し、独自の視点で取材をしております。宮崎県高千穂町出身。高千穂アカデミー代表理事。首都圏と地方をつなげる「高千穂郷食べる通信」の運営も行っております。

6月某日、昨年、移住希望地ランキング圏外からトップ10入した宮崎移住計画
2016年度の活動がスタートしました。

宮崎移住計画のFacebookページはこちら

今年度の始まりはジャーナリストの佐々木俊尚さんにお越しいただき、「地方で自分らしく働く」事について講演を頂いきました。

参加者は50名超、うち移住を計画している人は半分以上という濃度の濃いイベントになりました。

先日発表された移住希望者ランキングで圏外から10位にランクインした宮崎県への移住。
宮崎移住はまだまだ伸びしろがあります。

一晩で1万回再生された動画が公開

初公開された宮崎移住PR映像「今、ここ宮崎」

いま、宮崎に住む人がどう今を感じているか、移住に対して感じているかが映像化されています。

けっしてネットで、全国区で、爆発的にバズるような内容ではない、しかし、今の宮崎を本当に訴えかける内容になっています

一度は完全版を見ていただきたいと思います。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!