ジオパークが繋げた絆、阿蘇市へのふるさと納税代行−秋田/湯沢

熊本県阿蘇市へのふるさと納税は、阿蘇市へ【直接】納付された場合、「ASO環境共生基金」に積み立てられます。これは、阿蘇の自然環境の維持・保全に関して使われるものであり、復興支援に向けることができないこととなっています。
このサイトを通して本市が【代行】して受け付ける阿蘇市へのふるさと納税は、災害支援寄附としてお送りしますので、前述のしばりがなく全額復興支援に使うことができます。

□出典:ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

更に言えば、通常は自治体がふるさと納税を受けた場合、寄附金受領証明書の発行などの事務処理が必要になりますが、湯沢市が窓口となることで、阿蘇市の事務負担を軽減できるのです。

尚、このふるさと納税は、災害支援を目的とした緊急寄附で、湯沢市からの特産品送付は無く、寄附金受領証明書のみが寄附された方へ届きます。

阿蘇市への寄附金、517万1921円

ジオパークネットワーク活動を通じて生まれた、秋田県湯沢市と熊本県阿蘇市の絆によって、今回の取り組みが生まれました。

熊本地震で被災した熊本県阿蘇市へのふるさと納税の受け付け代行業務を湯沢市が始めて25日で1カ月が経過し、同市が受け付けたのは236件、517万1921円に上った。全額が阿蘇市への寄付金に充てられる。

□出典:河北新報オンラインニュース

ジオパークのように地域資源を活かした取り組みが、全国に点在する地域と地域を繋げていきます。

それぞれの地域への高い情熱があれば、それは、お互いの想いを理解し、ビジョンを共有し合える、とても強い繋がりになるはずです。その繋がりがあれば、万一、どちらか一方に何か大変な事態が起こった場合でも、今回のように助け合うこともできるはずです。

まずは、自分たちが大切に想う地域の魅力を発信していきましょう。強い想いを持つ者同士は、必ず繋がっていきます。

湯沢市ふるさと輝き寄附(ふるさと納税)
ゆざわジオパーク

関連記事一覧