まるでフルーツ、糖度7以上のデリシャストマト−宮城/大崎

shutterstock_271260899

「幻の種」と呼ばれる品種のトマト。

それが、「玉光デリシャス」という品種のトマトです。育てるのが難しく、栽培している農家は全国でもごくわずか。

そんなトマトが、宮城県大崎市で作られています。

まるでフルーツ、糖度7以上のデリシャストマト

大崎市鹿島台では、そんなトマトを「デリシャストマト」と名付け、地域振興を実現しようとしています。

大崎市鹿島台で5日、「デリシャストマトまつり」が開かれ、家族連れらでにぎわった。鹿島台特産のトマトで地域おこしをしようと、6軒の生産農家・法人やJAみどりの、大崎商工会などが実行委員会を作り、初めて開催した。

□出典:毎日新聞

そのイベントでは、創作料理の提供や早食い競争、トマトのもぎ取り体験が行われました。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧