毎月11日「防災を考える日」−宮城/気仙沼

shutterstock_256600405

後世へ語り継ぐべき、大切な日。

2011年3月11日に発生した、東日本大震災。甚大な被害を及ぼし、多くの尊い命が失われました。

宮城県気仙沼市は、この震災から得た教訓を忘れないために「防災を考える日」を制定しました。

宮城・気仙沼市が毎月11日「防災を考える日」に

shutterstock_210295225

5月26日に開かれた市防災会議で、気仙沼市が「防災を考える日」について伝えました。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧