宮城、子ども医療助成拡充へ

shutterstock_259403771

医療費助成は、呼び水になるか?

子どもを育てていくのには、お金がかかります。その中の1つとして、子どもの医療に関わる費用があります。

全国的に、移住者増や若者の流出を防ごうと、医療費助成を拡大する自治体が増えています。

宮城県子ども医療助成拡充へ

shutterstock_9397228

子どもを育てるということは、大きな幸福であると同時に、お金も必要となります。

病気やけがに加えて、出産・検診や予防接種など子どもの未来を考えれば、親として子どもに対し、行いたい医療処置はたくさん出てきます。

子ども医療費助成を巡り、宮城県が、制度を運用する市町村への補助を拡大する方針を固めたことが25日、分かった。2017年度の実施を目指し、27日に仙台市内である市町村長会議で表明する。これまで村井嘉浩知事は助成拡充に慎重な姿勢を示し続けてきたが、来年4月に予定される消費税増税による県民の負担増や市町村の財政力格差を踏まえ、方針を転換した。

□出典:河北新報オンラインニュース

【現状:宮城県から市町村への補助対象】
以下の費用の1/2(所得制限あり)
□3歳未満の通院費
□就学前の入院費

これは全国的に見れば、非常に低いレベルでの補助対象と言えます。今回の方針転換で、通院費助成の年齢引き上げが見込まれます。

続きを読む
1 / 2
PR for こゆ財団(宮崎県)
地方×求人:地域の未来を創る起業家10名・10事業を募集!
世界一チャレンジしやすいまち
宮崎に移住して、
地方の課題を解決する。
10のプロジェクトで、
10人の起業家を募集中!

関連記事一覧