宮城とカゴメが連携、水産×トマトで消費拡大

main□画像:PR TIMES(カゴメ株式会社 プレスリリース)

地方と大企業の連携、始まる。

「トマトパッツァ」と聞いて、どんな料理かピンときますか? トマトパッツァは、カゴメが提案するトマトと魚介を使ったイタリアンの新メニューです。

南イタリアはカンパーニャ地方の郷土料理「アクアパッツァ」を源メニューに持ち、日本人の好きな「トマトベース」にアレンジした、“ありそうでなかった”新イタリアン創作メニュー。

□出典:PR TIMES(カゴメ株式会社 プレスリリース)

トマトの料理提案をするカゴメと、水産物が有名な宮城県が連携し、消費拡大を目指す取り組みが始まりました。

宮城県とカゴメが連携

shutterstock_104034200

宮城県は、地元産の水産物の消費拡大や販路開拓を目指すため、カゴメと連携して「伊達トマトパッツァ」を提案し、広めていく方針です。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧