戦国時代の戦うお姫様・甲斐姫。美しく強い姫は秀吉の側室にも

shutterstock_266999618

女性でありながら戦で戦った美しい戦国の姫・甲斐姫についてまとめてみました。

城主の長女として産まれた姫

甲斐姫は、埼玉県行田市にあり、関東七名城としても知られる忍城 (おしじょう) の城主・成田氏長の長女として産まれました。

その美しさは “東国随一の美女” と表され、兵法や武芸にも優れた姫は男に生まれていれば天下に名をなしていただろうとも言われていたそうです。

石田三成率いる豊臣軍と戦った「忍城の戦い」

甲斐姫の育った忍城はかつて上杉謙信の攻撃にも耐えたとされる城。豊臣秀吉が行った小田原攻めの舞台のひとつとなりました。

石田三成率いる秀吉軍が2万6000人の大軍を引き連れて忍城を取り囲んだとき、城主である甲斐姫の父は不在。忍城には500人の軍と2500人あまりの女性や農民がいたそうです。

続きを読む
1 / 2
PR for こゆ財団(宮崎県)
移住×求人:地域を変える起業家10名・10事業を募集!
世界一チャレンジしやすい
「まちづくり」

宮崎に移住して、
地方の課題を解決する。
10のプロジェクトで、
10人の起業家を募集中!

関連記事一覧