戦国時代の戦うお姫様・甲斐姫。美しく強い姫は秀吉の側室にも

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_266999618

女性でありながら戦で戦った美しい戦国の姫・甲斐姫についてまとめてみました。

城主の長女として産まれた姫

甲斐姫は、埼玉県行田市にあり、関東七名城としても知られる忍城 (おしじょう) の城主・成田氏長の長女として産まれました。

その美しさは “東国随一の美女” と表され、兵法や武芸にも優れた姫は男に生まれていれば天下に名をなしていただろうとも言われていたそうです。

石田三成率いる豊臣軍と戦った「忍城の戦い」

甲斐姫の育った忍城はかつて上杉謙信の攻撃にも耐えたとされる城。豊臣秀吉が行った小田原攻めの舞台のひとつとなりました。

石田三成率いる秀吉軍が2万6000人の大軍を引き連れて忍城を取り囲んだとき、城主である甲斐姫の父は不在。忍城には500人の軍と2500人あまりの女性や農民がいたそうです。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!