2016年のトロッコ運行スタート!新緑の黒部峡谷へ

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

トロッコimage by facebook.com/kurotetu

黒部峡谷鉄道といえば、「トロッコ電車」で知られています。

険しい山をトロッコ電車で駆け抜けるとあって、多くのファンがいることで知られています。

冬はどうなっているか知っていますか?

雪深い土地ということもあり、冬季の運行は取りやめられる黒部峡谷鉄道。

なんとその期間は、トンネル内に線路や鉄橋が収納されるのです。

5ヶ月ぶりの全線開通

2015年は、11月30日で運転を取りやめていましたが、5月1日から前線で開通し、春の黒部峡谷を楽しめる準備が整いました。

オススメはゆったり1日コース

黒部峡谷鉄道の出発地点である宇奈月駅から出発しましょう。

約80分のトロッコ電車の旅が始まります。

終点の欅平に着いたら、観光地巡りで出発!

特別名勝・特別天然記念物の「猿飛峡」や、足湯、奥鐘橋をわたって、名剣温泉へ。

最後は温泉でリフレッシュ

大自然真っ只中の露天風呂が楽しめる「祖母谷温泉」へ。

最後にさっぱりして、駅に向かいます。

この一連のコースが、それぞれ3分から50分くらいの徒歩時間で結ばれています。

自然の中を歩きながらリフレッシュできること間違いなし。この春は訪れてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

オカダタクヤ

ローカルジャーナリスト。2017年みずからも地方に移住。東京と地方を旅しながら、地方のリアルを伝えるウェブメディアMACHI LOG運営。毎日記事を投稿しています。




PR for 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構

月刊ソトコトの表紙になりました。あなたの「好き」を活かして、地域の課題を解決しませんか?

地域の課題をビジネスで解決する新メンバー募集
月刊ソトコトの表紙を飾った宮崎県新富町は、地域の課題をビジネスで解決するソーシャルビジネスの新天地!あなたのスキルと経験を活かして地域の課題を一緒に解決しませんか?