商店街スゴロクに110人参加−秋田

shutterstock_235035001charnsitr / Shutterstock.com

単に買い物をする場所以上の価値。

地方の至る所で、商店街が衰退しています。人口減少や大型商業施設の存在など、外的要因も大きいでしょうが、本質的には商店街の熱量と行動次第だと考えています。

お客様にとって、周囲の住民にとって、どういう場所になるべきかを考え、示す必要があります。

商店街スゴロクに110人参加

shutterstock_135000779

秋田県秋田市で、市民団体「SiNG」が企画した「商店街スゴロク」というイベントが行われました。

イベントを通じて人を呼び込み、商店街を活気づけようと企画。マス目には店ごとに決められた「買い物をする」「コーヒーを頂く」などの指示が書かれており、参加者はさいころを振り、指示をクリアしながらゴールを目指した。

□出典:毎日新聞

今回が26回目の開催となり、110人がイベントに参加して商店街を巡ったそうです。

商店街と消費者を繋ぐきっかけをつくる

周囲の人々が商店街へ足を運ぶきっかけをつくる、地域に暮らす人々と商店街の人々を繋げるという点において、非常に素晴らしい企画だと感じました。

実際に参加した人から、「新しい発見があった。お店の人と楽しい会話ができた。」というような声が出ていたようです。

次回は、7月23日に開催予定だそうです。気になった方は、「SiNG」さんを是非チェックしてみてください。

ビジョンを掲げ、継続する

ただ、イベントの日だけ人が集まるのでは、勿体ない。

顧客にとって、地域にとって、どういう存在になるのか、それによってどんな社会をつくっていくのか。

イベントを通じて、商店街という存在の軸となるビジョンを伝えることができれば、もっと人々にとって商店街が大切な場所になるはずです。

共に地域の魅力を伝えるため、ビジョンを掲げ、そのために必要な行動を継続的に積み重ねていきましょう。

関連記事一覧