熊本地震への本田圭佑選手のコメントにネット上で賛美の声

本田圭佑オフィシャルサイト本田圭佑オフィシャルサイトのスクリーンショット

遠くイタリアの地で活躍するサッカー日本代表の本田圭佑選手。

本田圭佑選手のコメントは、常に賛否両論を巻き起こしてきたが、今回、オフィシャルサイト「VOICE」の中での熊本地震への、本田圭佑氏の考えが多くの共感を呼んでいる。

自粛するのは、間違っている

本田圭佑氏は、ニュースや論調に流されて、自粛するのではなく、

「こういう時だからこそ、各々に与えられた役割を行動に移すことが求められているんじゃないでしょうか。」
(本田圭佑オフィシャルサイトより引用)

と述べている。

不用意にボランティアに行っても、支援物資を届けるための交通の妨げになります。
不必要な支援物資は、本当に必要な物資を送る、妨げになります。

信頼できる団体を通じて、自分ができるかぎりの寄付をし終えたら、普段通りの消費活動をしましょう。

1日も早い復興を願って、自分のできる行動をしましょう。

関連記事一覧