源氏物語のまち宇治市で商いを始めませんか?移住者にもオススメな「中宇治yorin」プロジェクト – 京都府 –

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_236001226cowardlion / Shutterstock.com

世界遺産・平等院があることで知られる京都・宇治市は、源氏物語の舞台となった場所でもあります。京都府の南に位置し、京都市や大津市と隣接するまち。新しくできる複合施設「中宇治yorin」への募集が始まっています。

宇治市の「中宇治yorin」って?

「中宇治yorin」プロジェクトは宇治の中心地にある町家と建具工場の建物をリノベーションし、3組の小さな店舗と地域の寄り合いどころを併せた小さな複合施設をつくるというもの。

借主はリノベーション当初からプロジェクトに参加することができ、内装などを建築しと相談しながらつくりあげることが可能。また、大工の手配なども運営側が手配し、基礎工事費用や工事期間の家賃は無料です。

5月14日に現場見学会を開催

宇治yorinプロジェクトでは、5月14日13時~17時の予定で現地にて見学会を開催。

8月下旬には完成見学会を行い、9月上旬にオープン予定です。応募者は書類選考・面接などを経て最終決定されます。詳細はこちらから。京都移住計画 中宇治yorin

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!