日本の面積の約4割は里山。「竹」x「子どもたち」が主役の学校とは?

FAAVO(MACHI LOGパートナー)


FAAVO(MACHI LOGパートナー)

satoyama_1

公園に規制が多くなり、子どもたちが思い切り遊べない。

そんな話が聞こえてくるようになりました。

ご自身の住むまちを眺めたときに、「子どもたちが自然の中で思い切り遊べる場所」はどれくらいあるでしょうか。

子どもたちが自然と触れ合え、遊べる学校を作る試みが長崎で始まっています。

里山と子どもたちを繋げることで里山を守る

satoyama_2

里山とは、集落や人里に隣接し、人間の生活の影響を受けた生態系が存在する山を指します。

つまり里山は、人間が関わることでその生態系が維持されているといえるのです。

しかし近年、各地の里山は危機を迎えています。

「へんちくりん学校」のきっかけも、里山の資源として活用されてきた竹林が荒れていることに端を発しています。

「竹林の中で思いっきり遊びまわったり、自然の豊かさを感じたり、竹を切り倒して様々な遊びに挑戦していく」場とは、つまり、竹林に人の手を入れていく場所でもあるわけです。

「へんちくりん学校」で何ができるの?

600229a8f28a61045ce67bcc45684082

へんちくりん学校で準備されているカリキュラムは、竹を切り出し、竹器を手作りして行う「そうめん流し」や、秘密基地づくり、「里山の絵本」という名の教材も作ると言います。

みんなで関われる仕組みを、みんなで作ろう

このへんちくりん学校を作る試みは、みんなで里山保全に関わっていく仕組みだといえます。

クラウドファンディング協力者は、「教頭先生」や「校長先生」になることもできます。

へんちくりん学校を応援して、子どもたちがすくすく育ち、竹林が整備され、里山が元気になる未来を作る仲間になりませんか。

クラウドファンディングはこちら

satoyama_1
竹林で思いっきり遊んで欲しい!「へんちくりん学校」みんなで創ろう![FAAVO]

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!