東日本一の駅弁、秋田の鶏めしが東京駅で買える

shutterstock_382612645Vassamon Anansukkasem / Shutterstock.com

鶏めし系駅弁の「東の横綱」と称される、秋田県大館の名物駅弁「鶏めし」。

JR東日本が開催した東日本の駅弁の頂点を決める「駅弁味の陣2015」にて、最高の栄誉として「駅弁大将軍」という称号を秋田の「鶏めし」が獲得。名実ともに、東日本一の駅弁となりました。

そんな秋田の「鶏めし」が、期間限定で東京駅にて買えます。

東日本一の駅弁、秋田の鶏めしが東京駅で買える

スクリーンショット 2015-11-13 23.18.59□画面キャプチャ:花善

秋田県北部にある、大館駅。そちらの名物駅弁として、人々に愛され続ける「鶏めし弁当」。

この駅弁を提供する「花善」は、鶏めし一筋六十余年。冷めても美味しい、鶏めしを追求し続けてきました。

そんな「鶏めし」が、JR東京駅の「駅弁屋 祭」にて実演販売中です。

60年以上変わらぬ、甘辛の鶏めし

ふっくらした、あきたこまちと鶏肉。昔からの変わらぬ、甘辛い味付け。

どこかほっとして、食欲そそる「鶏めし弁当」を是非チェックしてみてください。

イベント概要

□開催期間:平成28年3月30日(水)~4月12日(火)
□開催場所:駅弁屋 祭
 JR東京駅(改札内)セントラルストリート(1階)

関連記事一覧