やっぱり「うどん県」は香川県!? うどん・そば店が多い県全国ランキング

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_346032365

NTTタウンページ株式会社がまとめた「うどん・そば店の人口約10万人あたりの登録件数によるランキング」。香川県が1位を獲得しました。その他の結果はいかに!?

香川県が第1位。ランキング上位はやっぱり麺どころ!

ランキングの結果、上位に輝いた県は麺どころばかり! 登録件数は年々下がっているものの、1位の香川県は調査が行われた2010年、2012年、2014年、2015年いずれも1位をキープしています。

<人口約10万人あたりのうどん・そば店登録件数 BEST5>
1位: 香川県 (56.73件)
2位: 群馬県 (41.19件)
3位: 山形県 (40.23件)
4位: 長野県 (39.88件)
5位: 山梨県 (36.62件)

意外? 納得!? うどん・そば店が少ない都道府県

一方のうどん・そば店が多い県・全国ランキング下位となったのは青森県、秋田県、滋賀県、奈良県、和歌山県、長崎県 (順不同)。ここで「日本三大うどん」と呼ばれるうどんをご紹介。

日本三大うどんとは?
現状では「讃岐」と「稲庭」はほぼ「当確」という見方が強い。第三のうどんには、長崎県の「五島」、群馬県の「水沢」、富山県の「氷見」のほか、名古屋の「きしめん」が挙がることもある。(コトバンク 日本三大うどん)

日本三大うどんと呼ばれる稲庭うどんがある秋田県、五島うどんのある長崎県は店舗数においてはランキング下位。

店舗数が少なくとも受け継がれる美味い味があるところも数多くあるようです。五島には、遣唐使の時代に伝わった1000年以上の歴史を誇るうどんもあるのだとか!?

稲庭うどんは、秋田の名産(いなにわ)
長崎県五島列島の「幻のうどん」が東京都内21店舗で食べられるフェアが開始! (過去記事)

データ出展:NTTタウンページ データベース 第56回日本全国ランキング