鬼の洗濯板でオニが洗濯をしている宮崎市のPR動画「オニの洗濯」

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

スクリーンショット 2016-03-14 15.58.10
宮崎県の有数の観光地・青島を舞台に撮影された宮崎市のPR映像が公開されました。

宮崎県の青島と「鬼の洗濯板」

287fae7fe98dddd8904d11398179f021_m

周囲1.5kimの小さな島・青島は、古くは聖なる島として島にある青島神社の神職しか脚を踏み入れることができなかったと言われる場所。宮崎市中心部から車で30分ほどの位置にあります。

海幸山幸兄弟の伝説が残る地、そして山幸彦と豊玉姫の恋物語が展開された場所として縁結びのパワースポットとしても知られています。

特に圧巻の景色をつくりだしているのは「鬼の洗濯板」と呼ばれる波状岩。昭和9年には国の天然記念物に指定されています。

青島をとりまく波状岩は、「鬼の洗濯板」と呼ばれています。
中新世後期(約700万年前位)に海中で出来た水成岩(固い砂岩と軟らかい泥岩が繰り返し積み重なった地層)が隆起し、長い間に波に洗われ、固い砂岩層だけが板のように積み重なって見えるようになりました。
出典:宮崎市観光協会 青島

「鬼の洗濯板」でオニが洗濯! 宮崎市のPRムービー


You Tube
宮崎市が公開したPRムービは、この青島を舞台に撮影されたもの。

1,000人のエキストラが参加し、鬼が洗濯をする様子を空撮のシーンも交えて撮影が行われました。BGMには「鬼のパンツ」の替え歌を使用し、洗われているパンツはストレスや不安に見立てられているのだそう。

パンツを洗い終えた後の人々の晴れ晴れとしたお顔、そして空撮された青島の景色の素晴らしさを是非動画からどうぞ。