3300人の町に13億円!高知県奈半利町のふるさと納税

shutterstock_322960622

人口3300人の小さな町に、多額のふるさと納税が集まっています。

ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」が集計した全国ランキングで18位に入りました。

人口あたりの寄付金額でいうと日本一の快挙です!

ふるさと納税への創意工夫が実を結ぶ

shutterstock_327359792

奈半利町では、2008年より町内産のお米や鮮魚や加工品などを中心に、寄付額の半額相当の返礼品を送る取り組みを始めました。

2015年度は、更に詰め合わせセットの種類を600に拡大。

また期間限定で返礼品を日替わりで変更していくなど、様々な工夫を凝らして、寄付額の増加につなげていきました。

寄付により加工場の建設進む

奈半利町では、寄付金の有効活用も進めています。

小中学校教材の購入や保育料無料化の拡充などをはじめ、水産物などの加工品開発を進めるため加工場の建設を開始。

総事業費約8200万円のうち、2100万円に寄付金を充てています。

小規模自治体ですが、ふるさと納税を友好に活用し、地域に還元している好例として、全国から参照されるべき事例だと考えられます。

今後の奈半利町の取り組みにも注目です。

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧