日本のふるさと名物を世界へ発信「第1回 NIPPON QUEST AWARD」でグランプリを受賞した「日本刀作刀見学」 -熊本県-

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_255560311

日本の地域にある “ふるさと名物” を世界へ発信するNIPPON QUEST。グランプリを決定する第1回アワードが開催され、賞の受賞が行われました。

NIPPON QUESTについてはこちらから。世界が知らないニッポンの“ふるさと名物”を世界に発信するWEBサイト「NIPPON QUEST」で話題の “伊予美人”って?

3部門からそれぞれ決定! 第1回グランプリ受賞の名物

スクリーンショット 2016-01-14 14.39.32画像出典:スクリーンショット画像 NIPPON QUEST

第1回NIPPON QUEST AWARDでは、「食部門」「モノ部門」「アクティビティ部門」の3つのカテゴリーからグランプリが決定され、その他特別賞として4点が選ばれました。

食部門でグランプリに輝いたのは栃木県佐野市の「ハラール餃子」。モノ部門では光をほとんど通さない漆黒の江戸切子「漆黒の江戸切子」、アクティビティ部門では熊本県荒尾市の「日本作刀見学」が選ばれました。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!