外国人観光客に人気の食!「栃木県の餃子」が選定!

オカダタクヤ


ローカルジャーナリスト

shutterstock_134661824

外国人観光客の増加に伴い、外国人の目から見た日本の姿がよく知られるようになってきました。

今回、外国人観光客などが選ぶ日本各地の名物料理に「栃木県の餃子」が選ばれました。

選定の背景とは?

shutterstock_103045568

一見普通の餃子ですが、今注目されているのは「ハラール餃子」です。

「ハラール」とは、ムスリム(イスラム教徒)が食べられるものを指します。

通常の餃子の具材である豚の挽肉は、ムスリムにとってはNGの食品のため、野菜が中心の餃子を「ハラール餃子」として提供しています。

「ハラール」の餃子が、SNSを中心に話題になり集客にも繋がっています。

お客様に寄り添う姿勢

「ハラール餃子」が生まれた背景は、ムスリムの友人にも餃子を食べてほしいという思いからだったといいます。

日本を訪れる外国人観光客数は増加の一途ですが、訪れる先は大都市圏が多くを占めています。

地域への観光客数を増やすためにも、食で話題になることは効果的といえそうです。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!